茶道は楽しいをテーマに情報発信!【新古茶道具 千翔堂ほり】
【 風炉に灰をいれる 】
【茶道具総合ページ】  【風炉関連道具、灰匙などのページ】
☆ 風炉に灰を入れる ☆
  風炉のシーズン、風炉に灰を入れ灰形作りをいたしましょう。灰を入れる手順をまとめてみました♪

◇用意するもの
 ・風炉 と 釜(高さを見る為)
 ・五徳(風炉にあわせたもの)
 ・底瓦(風炉にあわせたもの)
 ・(五徳台)
 ※五徳台は無くても良いですが場合により便利です
 ・奉書紙
 ・前瓦
 ◇上記風炉の道具はこちら
  [風炉の道具ページ]にて販売いたしております

◇底瓦に合わせて奉書を折る
 風炉底に奉書を敷きますが、そのままでは大きいので灰より飛び出さないように奉書紙を折りたたみます

◇風炉に奉書紙と底瓦を置きます
奉書紙は灰形より出ないように調整して折たたみます

◇五徳を風炉の中央に置きます
 ・五徳を置き
 ・釜を置き
 ・釜の高さを確認
釜の高さがよろしければ、五徳が風炉の中央に来るようバランスをとります

◇釜の高さ
釜の高さについては流派により様々です
高さの目安、決め事は、羽落(釜の中央付近の線)と風炉縁の関係で決まります

◇釜の高さが低く、釜を上げたい
釜の高さを上げたい場合は、
風炉に灰を入れ底瓦の上に厚く灰を敷き、その上に五徳を乗せ上げるのが通常です。
ただ、この場合の難しさは、後で水を入れた釜を乗せたときに五徳が沈み、傾く事がある事です。

◇五徳台の使用@
五徳台とは
五徳を灰で上げる難しさを解消する道具です
厚さの違う瓦けで、3枚が一組で使用します
※五徳台は、必ず必要なものでは無いのですがあると便利に感じる道具です

◇五徳台の販売

◇五徳台の使用A
五徳台は、底瓦の上、五徳の爪の下ぐらいになる様に同じ厚さの3枚を置きます。
釜の置き、希望の高さになるよう、五徳台の厚さを変えながら釜の高さを調整します

◇五徳台の使用B
釜が上がりました。
いよいよ、五徳を中央に置く調整をいたします
五徳台を使用すると釜は沈みませんので、後で灰で調整やズレの出る事がない事が利点です

◇灰を入れて
五徳の調整が終わりましたら、灰を入れます
【灰の量】はじめは、底瓦が隠れて前瓦がささる位入れ、灰形を造りながら出し入れをして調整していきます
さあ!灰形を作りましょう

 茶道sadoukaikan(動画リンク)
YouTubeにある茶道会館さんの裏千家の灰形作りの動画、とても参考になります

灰道具が足りない時は弊社下記ページを
◇灰の販売ページ(風炉灰ほか)
◇風炉の道具のページ(灰匙、風炉ほか)

【 風炉関連道具、灰匙など 】のページにもどる 『茶道は楽しいをテーマに』サイトTOPへ ▲このページのトップへ