茶道は楽しいをテーマに情報発信!【新古茶道具 千翔堂ほり】
【 五徳と炭・前瓦の大きさについて 】
【茶道具総合ページ】 【風炉の道具(灰匙、五徳)など】 【清光の五徳】

◇風炉五徳6.5寸、6寸の炭は?
  1尺1寸の風炉には径7寸の五徳が多様されています。炭は普通につげるのですが、小型の風炉の場合、7寸の五徳では灰形が作りにくい事があります。この時は6寸や6.5寸の小振りの五徳を使いますが、この場合は、炭選びに工夫が必要があります。@6.5寸、A6寸風炉五徳の胴炭との関係を下記の画像で見てください。

@6.5寸五徳の場合
風炉の胴炭寸法は4寸で@の場合、胴炭は五徳の内側に入れることができます。
ただ、下炭の丸毬打3本が入る余地が少ない感がありますね。
丸毬打を細目を選ぶ様にしてください。

A6寸、6寸以下の五徳の場合
画像Aの様に径6寸五徳以下の五徳では胴炭長が五徳の内径を越えてしまいますので、下炭を入れることが難しくなることと思います。
 小風炉で炭点前をする場合は細目の炭を選んだり、炭を切る必要がでてきます。
切る炭の寸法の定義は無いと思いますので、五徳に合わせてと言うことになりますでしょうか。
風炉に五徳を添えて、灰形を作り、灰形に合わせて、細めの炭を選び切り、ちょうど良く切れてから炭を洗えば良いのではないでしょうか。
※紅鉢などの様に炭点前をしないなら、丸毬打5本くらい使えば良いのではないでしょうか。

@【6.5寸五徳と胴炭】

A【6寸五徳と胴炭】
【風炉の灰匙など】のページにもどる

◇前瓦の(大/小)どちら?

@とAは、五徳と瓦の横すき間の関係です。
画像Aでは、灰匙が入りにくいと思います。
また、五徳爪と瓦の高さが同じくらいなので、釜の底に瓦が当たるかも知れません。

BとCは、上から見た様子です。
やはり脇が厳しそうです。

この様に決まっているのではなく使用する五徳との兼ね合いで前瓦の大きさを選びます。

@【6寸五徳と前瓦・小】

A【6寸五徳と前瓦・大】

B【6寸五徳と前瓦・小】

C【6寸五徳と前瓦・大】
【風炉の灰匙など】のページにもどる

▲このページのトップへ