茶席で拝見する禅僧のお名前

【茶道】と【 禅 】と【 掛軸 】
 茶道では、禅僧のお軸が良くかけられますね。利休が大徳寺に帰依していた事もそのひとつでしょう
古来より多くの武将、大名、茶人が【禅】を信心した理由とは?
そもそも「禅」とは何でしょうか?

【 禅とは 】
 【禅】は、長い東洋文化の伝統の中で磨き上げられてきたすばらしい人間形成の道です。
・特定の信仰・教義や所依の経典をもたず、
・自然や科学の原理に違背するようなものに心の支えを求めず、
・他人にたよらず、自己の信じるところに従って【独立独歩】で、行動する
・自己に本来そなわる本性を見極め、悟りの道を得る【見性悟道】の道を示すもの
の様な要素があります。
 また禅は、人間がその心の本体を明らめ、自分の心を自分の手に取り戻し、 一人一人のかけがえのない尊い命をかみしめ、正しく、楽しく、 仲よい世界の建設に向かって誤りなき歩みを進めてゆく道です。
 つまり【禅とは】自己で学び、考え、自然の中で生きる事そのものが教えです。他にも仏々祖々が苦心して伝えて来られた珠玉の法財が禅や禅語の中にも秘められています。
 茶道でも「自己を強く持ち、自己で考える」教えを持つ禅僧のお軸を尊ぶのでは無いでしょうか。

私は自己を厳しく戒める禅僧の力強い墨蹟に魅力を感じます。
以下では、 茶席で拝見する事のある、禅僧のお名前をまとめております。
自分の備忘用にまとめておりますので、あまり意味もない一覧ですが参考用に
(気付けば足しています)
これからも様々な禅僧お墨蹟拝見したいです♪

【 龍寶山 大徳寺 】
◇大徳寺歴代管長
 【初代】 玉淵宗騮 大徳寺467世
 【2代】 牧宗宗寿 大徳寺471世
 【3代】 伽山宗楞 大徳寺482世
 【4代】 広州宗澤 大徳寺483世
 【5代】 宗般玄芳 号・松雲 大徳寺486世
 【6代】 全提要宗 号・伝衣室 大徳寺488世 裏千家・淡々斎参禅
 【8代】 晦巌常正 号・大梅窟 大徳寺489世
 【9代】 瑞巌宗碩 号・蔭凉  大徳寺503世 裏千家・鵬雲斎参禅 後藤瑞巌
 【10代】歓渓紹忻 号・清涼  大徳寺505世
 【11代】雪窓宗甫 号・蔵睴  大徳寺506世               小田雪窓
 【12代】浩明宗然 号・桃源  大徳寺512世 表千家・而妙斎参禅 方谷浩明
 【13代】猷山祖洵 号・看雲  大徳寺513世 裏千家・坐忘斎参禅 中村祖洵
 【14代】雪底宗潭 号・雪底  大徳寺520世 表千家・猶有斎参禅 福富雪底
 【15代】明浦宗哲 号・嶺雲室 平成24年現管長             高田明浦

◇大徳寺の塔頭(たっちゅう)と ご住職
徳禅寺 橘 宗義 龍翔寺 高田明浦
如意庵 井本晦庵 真珠庵 山田宗正
養徳院 神波東嶽 龍源院 東 文洋
大仙院 大和良章 興臨院 福代洋道
瑞峯院 前田昌道 聚光院 小野澤虎洞
総見院 山岸久祐 黄梅院 小林太玄
三玄院 長谷川大真 正受院 福代孝道
大慈院 戸田実山 高桐院 松長剛山
玉林院 森 幹盛 大光院 藤田明道
龍光院 小堀月浦 芳春院 秋吉則州
孤蓬庵 小堀卓巌 龍泉院 松濤諦雲
来光寺 福森利正 雲林院 藤田寛蹊

<江戸期以前の大徳寺著名僧> まだまだ全く足りません・・・
 【無学宗艶衍】 号・把不住軒
  大徳寺・玉林院 江戸時代 大徳寺378世 一燈、如心斎と共に七事式を作る
 【中寶松月】 号・松月老人
  大徳寺・芳春院 江戸時代 大徳寺418世 吸江斎参禅
 【大綱宗彦】 号・空華室・昨夢
  大徳寺・黄梅院 江戸時代幕末の和尚 玄々斎/碌々斎参禅

<近世大徳寺著名僧>
 【桂堂和尚】吉倉桂堂 大徳寺・瑞峯院長老
 【誡堂和尚】藤井誡堂 大徳寺・三玄院先住職
 【寛州和尚】長谷川寛州 大徳寺・三玄院先住職
 【大亀和尚】立花大亀 如意庵住職 大徳寺長老 松下政経塾に関わる

【 大徳寺以外 】
◇妙心寺派

【 正法山 妙心寺 】
 【逸外 】梶浦逸外 妙心寺29代管長 裏千家・鵬雲斎の禅師
 【宗興 】森永宗興 妙心寺大珠院
【 妙法山 正眼寺 】
 【耕月 】谷耕月 妙心寺派・正眼寺 裏千家・鵬雲斎と共に逸外師事

◇京都五山
【 霊亀山 天龍寺 】(京都五山・第一位)
 【牧翁 】関牧翁  天龍寺8代管長
 【祖翁 】平田精耕 天龍寺9代管長
【 萬年山 相国寺 】(京都五山・第二位)
 【頼底 】有馬頼底 7代現管長
【 東山 建仁寺 】(京都五山・第三位)
 【黙雷 】竹田黙雷
 【益州 】竹田益州
【 慧日山 東福寺 】(京都五山・第四位)
【 万寿寺 】(京都五山・第五位)現在は東福寺塔頭

◇鎌倉五山
【 巨福山 建長寺 】(鎌倉五山・第一位) 建長興福禅寺
 【曇華 】菅原寺保 建長寺 管長 号・曇華軒
 【素堂 】湊素堂  建長寺 管長 号・素堂
 【栢樹 】吉田正道 建長寺現管長 号・栢樹庵
【 瑞鹿山 円覚寺 】(鎌倉五山・第二位)
 【洪川   】今北洪川
 【洪岳宗演】釈宗演  鎌倉・円覚寺2代管長
 【宗括   】釈宗括  鎌倉・円覚寺管長 号・両忘庵
 【別峰   】朝比奈宗源 鎌倉・円覚寺10代管長
 【慈雲   】足立大進 鎌倉・円覚寺12代管長
【 亀谷山 寿福寺 】(鎌倉五山・第三位)
【 金峰山 浄智寺 】(鎌倉五山・第四位)
【 稲荷山 浄妙寺 】(鎌倉五山・第五位)

◇円覚寺系別派
【 臥龍山 両忘禅庵 】
(円覚寺系別派・千葉茂原市本納)
 【琢堂 】大木琢堂 両忘庵初代住職 円覚寺・宗括老師・師事 号・三昧庵
 【宗玄 】大木宗玄 両忘庵2代住職 妙心寺・宗興老師・師事 号・玄珠、宗忠
 【宗完 】大木宗完 両忘庵3代住職 円覚寺にて得度

▲サイトのトップへ
茶道を楽しむをテーマに情報発信
▲茶道具ショップのページ
ネット特価のお道具もご覧下さい♪
▲このページのトップへ