日本料理
茶事懐石
出張茶懐石
講習会
千葉県・東金教室

京都府・京都教室
◇茶事懐石実習会
〇東金教室(千葉)
〇京都教室(京都)
 >実習会の趣旨
 >お料理の画像

◇自蹊庵たより
最新146号(10・11月号)
【自蹊庵たより】は
 鶴の茶寮の情報紙です

・庵主よりのお便り
・茶事講習会
・各種イベント

 >湯河原「口悦会」
 >休会記を読み解く会 ほか
・季節の献立

◇書籍/DVD
出版物等のおしらせです
・鶴の茶寮懐石レシピ
・DVD ・エッセイ本

◇イベント情報
・「女ひとりドイツ茶事行脚」英語版<配信中>
 
春・夏・秋・冬 自然の流れを楽しみながら
さらさらと茶事を楽しみたい
 庵主・半澤鶴子
【 おしらせ 】
年末〜令和3年「初釜」のお尋ねがございましたので予定を掲載 情報掲載 [R2/10/12]
[ 東金教室/京都教室 ]

【 自蹊庵たよりNo146 10・11月号 】 情報掲載 [R2/10/08]
おまたせいたしました

◇2月に放送された「女ひとり ドイツ茶事行脚」が英語版で 情報掲載 [R2/09/25]
2月の放送に新たな場面が入り、少し編集が変わりました
-------------------------------------------------------------------------------------------

鶴の茶寮のイベント
【 お茶事(懐石料理)実習会 】
【東金教室】 /
 【京都教室】

教室は毎回1回完結 懐石料理を重点に茶事実習をしております
お一人でも1回限りでもご参加いただけます。
東金教室[令和2年]
ところ・鶴の茶寮(千葉県東金市)
通常毎月・第2の、月、火曜日、に開催しています
10月の茶事
【テーマ】 名残
【日時】
 第1回10月11日(
 第2回10月12日(月)
 第3回10月13日(火)
【内容】 正午の茶事
 現在コロナ予防にて懐石料理を、
 点心・煮物椀・八寸・菓子 といたしております
【開始時間】
 ・料理講習 09:00〜
 ・客の席入 12:00
【定員人数】 各日12名
講習会の詳細は【自蹊庵たより】にて
11月の茶事
【テーマ】 口切
【日時】
 第1回11月 8日(
 第2回11月 9日(月)
 第3回11月10日(火)
【内容】 正午の茶事
 現在コロナ予防にて懐石料理を、
 点心・煮物椀・八寸・菓子 といたしております
 ※口切茶事は実茶壷費として+3,000円
【開始時間】
 ・料理講習 09:00〜
 ・客の席入 12:00
【定員人数】 各日12名
講習会の詳細は【自蹊庵たより】にて

12月の茶事
【テーマ】 夜咄
【日時】
 第1回12月13日(
 第2回12月14日(月)
 第3回12月15日(火)
【内容】 夜咄の茶事
 現在コロナ予防にて懐石料理を、
 点心・煮物椀・八寸・菓子 といたしております
 ※夜咄茶事は灯火費として+2,000円
【開始時間】
 ・料理講習 :00〜
 ・客の席入 :00
【定員人数】 各日12名
講習会の詳細は【自蹊庵たより】にて
令和3年1月の茶事
【テーマ】 初釜
【日時】
 第1回 1月11日(月・祝
 第2回 1月12日(火)
 第3回 1月13日(水)
【内容】 正午の茶事
 現在コロナ予防にて懐石料理を、
 点心・煮物椀・八寸・菓子 といたしております
【開始時間】
 ・料理講習 09:00〜
 ・客の席入 12:00
【定員人数】 各日12名
講習会の詳細は【自蹊庵たより】にて

おせち料理教室
年末恒例の【おせち料理教室】は、令和2年12月25日〜30日に開催いたします 
詳細は12月の自蹊庵便りに掲載いたします

 コロナ対策を考えた形で開催をいたします
内容はこちらをご覧いただきご参加をくださいませ (PDF)
 

ご参加につきまして(東金教室)
講習会の内容や予定など
講座は毎回1回(1日)で完結します
上記開催日1回〜3回よりご予定の合う1日を
お選びいただきお申込みください
講習会の詳細は【自蹊庵たより】にて
ご確認くださいませ


参加費など
通常時の参加費は
 ・一般参加 12,000円
 ・継続会員 10,000円
といたしております

特殊なお茶事につきましては
※口切茶事は
 実茶壷費として+3,000円
※夕ざり、夜咄茶事は、
 灯火費として+2,000円
を別途頂戴いたしております
東金教室専用・お申込やお問合せについて
東金教室担当よりのおしらせ(PDF)

【お申込、お問合せ】
メール、FAX、電話をご利用ください
・メール natori_soukou@ck2.so-net.ne.jp
・電話 0475-54-2518
・Fax  0475-55-6506
※FAX用紙を作りました印刷してご利用ください
  【 東金教室FAX申込用紙(PDF) 】 

ご参加は4日前までにお申し込みください

グループ参加(5名以上)をご希望の方
5人以上のグループでのご参加をご希望の時は、お申し付けください
東金教室では、ご希望に応じた開催日を設ける事が可能な場合もございます
 ご来駕につきまして

【 所在地(東金教室) 】
・ところ 千葉県東金市押堀676−9
・電話 0475-54-2518
※しまむら東金店駐車場の隣です

【 電車でお越しの方 】
当日はJR・大網駅にお迎えに参ります
・JR大網駅ホームページ
※お時間などにつきましてはお尋ねくださいませ

【 お車でお越しの方 】
お尋ねくださいませ
▲このページのトップへ

京都教室[令和2年]
ところ・【大徳寺・瑞峯院(餘慶庵)】、【八瀬のまなびや】

鶴の茶寮・京都教室は、2会場ございます
令和2年 京都教室・開催日一覧
八瀬のまなびや
日本料理基礎の会(実習)
大徳寺・瑞峯院(餘慶庵)
お茶事(茶事と懐石料理実習)
◇1月 『初顔合わせ会』[終了]
 1月5日()〜
◇2月 『暁の茶事』[終了]
 2月2日()〜(火)
◇3月 『弥生の日本料理』[終了]
 3月1日()〜
◇4月 『観桜茶事』[開催中止]
 4月5日()〜(火)
◇5月 『皐月の日本料理』[開催中止]
 5月3日()〜
◇6月 『夕ざりの茶事』[終了]
 6月7日()〜【京都教室6月詳細】
◇7月 『文月の日本料理』[終了]
 7月5日()・6日
◇8月 『朝茶事』[終了]
 7月31日()〜
 ◇9月 『長月の日本料理』[終了]
 9月6日()〜
 ◇10月 『名残の茶事』[終了]
 10月4日()〜(火)
 ◇11月 お休み
 11月は口切茶事実習の為、大徳寺・余慶庵にての茶事のみとなります
 ◇11月 『口切の茶事』
 11月1日()〜(火)
 ◇12月 『夜咄の茶事』
 12月6日()〜(火)
   令和3年
 ◇1月
 『初釜』
 1月7日(木)、8日(金)、9日(土)

京都教室の詳細は
【 京都教室ホームページ 】 または 鶴の茶寮季刊誌【自蹊庵たより】
をご覧ください

【京都教室のお申込・お問合せ】
京都教室のお申し込み・お問合せは
京都教室HP・茶事教室内に「お問合せ・お申込み」フォームがございます
また
拙宅にても承っております 電話・FAX 0475-54-2518
『京都教室専用FAX用紙』 こちらを印刷してご利用ください。
※お手持ちのFAX用紙やフリーハンドでお書き頂きましても結構です
※【東金教室用のメール、FAX】は確認場所が違うためご返答ができません
▲このページのトップへ

鶴の茶寮 茶事実習会の趣旨
【 教室の目的 】 
皆様がご自宅で茶事ができることが目標 実習会の重点は懐石料理です
拙庵の茶事講習会は、皆様がご自宅にて茶事ができますよう、平素では勉強・実習することがむずかしい懐石料理の部分を重点に、ご参加の皆様がお茶事全般(準備・段取り・点前など)のしてみたい部分を実習できる事を目的といたしております。※料理教室ではないのですが、お点前主体教室ではございません
教室ではお道具・調理器具などの準備をいたしておりますので、募集された皆様が亭主・勝手・客に別れ、それぞれの担当でお茶事の流れを体で覚えお楽しみいただきたいと存じます

【 参加に際して 】
講座は毎回1回(1日)で完結します。
亭主(半東、お点前)・懐石料理・客など、ご希望の担当を事前にお申し付けください。
当日のお茶事の流派は、お点前を担当される方の流派に合わせて進行いたします。
ご自宅にてのお茶事の献立つくりや、練習などになりましたら幸いです
また、お茶事の未体験・初心者のご参加も歓迎いたします。お気兼ねなく茶事を体験してみてください。
お集まりのみなさまが、料理(勝手)・亭主・客と分かれ、皆様一緒に実習・進行
いたします 当日お集まりの皆様にて実習いただきます♪
懐石調理実習は受講されるご希望される皆様が参加できます。懐石調理実習も希望される場合、実習担当時間にご来駕下さい。
※2刻(4時間)で終わる茶事の流れを学ぶ講習ではなく、参加される方々がつとめたい役を
実践・実習する為の講習です。茶室と勝手が同時に動かない事もあります事はおゆるしください。


【 流派の違いについての考え 】
一定のご流派に限ることなく講習をいたしております。
拙庵の実習会は茶事を実践する事が目的で、茶懐石料理を中心に
お茶事の流れ・裏方の仕事等を経験・実習いただいております。
席中のお点前につきましては諸流派様々に違いがございますでしょう、お点前の詳しくは
各御流派にてお勉強されていただきたいと存じます。

【 茶事の懐石料理についての考え 】
茶懐石は日本料理の一種ですが、高級日本料理ではございません。珍しい食材や高級食材を使う料理が茶懐石ならば、一般の方がつくることは無理ではないでしょうか?
拙庵の考える茶事の懐石料理とは、亭主が客の為に差上げる濃茶の為のお食事。
身近で取り揃えられる旬の食材を利用しますが、日頃の家庭料理よりひと手間かけたお料理がお茶人のもてなし茶懐石料理と考えております。
講習会の懐石実習はご家庭で集められる食材も多用いたします

【 このような方にお集まりいただいております 】
 ・茶事の亭主、客を体験されたい方 ・将来、ご自宅で茶事をされたい方 
 ・茶事懐石を知りたい方 ・茶事の流れを知りたい方
 ・茶事を社中で経験したい
▲このページのトップへ

教室の様子・懐石料理の画像
ご参加の皆様の作品です♪
【 新春おせち 】 皆様の作品です
※盛込み内容は、【年末おせち料理教室】(PDF)をご覧ください
【 さまざまな懐石画像 】 皆様の作品です
【1月の茶事「 初釜茶事 」お料理画像】
【2月の茶事「 暁茶事・茶飯釜 」お料理画像】
【3月の茶事「 雛祭 」お料理画像】
【4月の茶事「 観桜 」お料理画像】
【5月の茶事「 初風炉 」お料理画像】
【6月の茶事「 花あそび 」お料理画像】
【7月の茶事「 七夕 」お料理画像】
【12月の茶事「夜咄茶事」お料理画像】
[phot]Shion写真館 朝廣美雪
    
▲このページのトップへ
【 BOOK・DVD 】

鶴の茶寮・懐石料理レシピ本
向付(基礎編、応用編)、煮物椀(基礎編、応用編)

鶴の茶寮の茶事を本にまとめました
拙庵茶事の理想・信念は、「茶事懐石は家で作るおもてなしの料理」
本来、茶事とは、高級食材や専門の板前がいないと出来ないものではないと考えています。
ただ、せっかくのもてなしの料理、日々のお料理にちょっとした時間や手間、工夫を加えたい。
茶寮の茶事実習会では、そんな事を中心に勉強をしています。今回皆様のご希望によりその様な工夫やレシピを本にまとめてみました。
実習会参加の方でも、ご遠方で参加が出来ない方にも参考にしていただける書籍と思います。皆様のお茶事の参考になりましたら幸いです。
末筆ですが書籍編集にご協力をいただきました皆様に心より御礼を申し上げます。
             
@向付 基礎編 1,800円(税別)
A向付 応用編 DVD付 2,500円(税別)
B煮物椀 基礎編 2,200円(税別)
C煮物椀 応用編 DVD付 2,800円(税別)
ご注文は、こちらのFAX用紙を印刷してご利用ください。 

書籍を発刊いただきました
講談社様より書籍を発刊いただきました
長年自蹊たよりに綴った、茶事を通じての想いを纏めたものでございます。
ご一読いただけましたら幸いでございます 

人生に愛される
 幸せはお人から運ばれてくるものよ』
--------- 半澤鶴子 -----------
176ページ  定価:1,000円(税別)
発行・講談社 

◇内容、ご購入は、
教室、最寄りの書店やネット書店、または
【講談社様HP】にてご覧、ご購入いただけます。
※鶴の茶寮にても承ります


DVDを発売いただきました
セイビン映像研究所様よりDVDを発売いただきました
セイビン様とはNHK番組収録の折よりのお付き合いです。皆様にお楽しみいただけましたら幸いです

「鶴の茶寮〜季節の声を聴く〜」
DVD第一弾「長月」篇
献立の冊子付き  3,240円(税込)

◇内容やご購入は
発売元【セイビン映像研究所様HP】にて

※鶴の茶寮にても承ります
【 内容 】
茶事に人生をかけてきた半澤鶴子さんの“茶事を心から楽しむ真髄”を初めてDVD化
長年の知恵と技術を全て伝える茶事懐石の世界、折々の茶事と型破りの自由な茶事も紹介、庭の草木に寄り添った暮らし、茶事行脚の美しい四季の映像を織り込んだ茶事人生の集大成
発売元 セイビン映像研究所
▲このページのトップへ
【 メディア・イベントetc 】

NHKワールド オンデマンド放送のおしらせ
2月に放送したBS1「女ひとり ドイツ茶事行脚」が
NHKワールド・オンデマンド(パソコン、スマホ)でご覧いただけます
※2月の放送に新たな場面が入り、少し編集が変わりました・英語版です!!
アドレスはこちらです
 https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/3016078/

情報掲載 [R2/09/25]

過去のメディア・イベントなど
▲このページのトップへ

日本料理/茶懐石 鶴の茶寮
主宰・日本料理研究家
日本料理研究会特別会員
 半澤鶴子
〒283-0065 千葉県東金市押堀676-9
電話・FAX 0475-54-2518
【 定休日 】は特に設定いたしておりませんが、茶事中や調理中はお電話に出られない事がございます。
Copyright (C) 2011- 鶴の茶寮 All Rights Reserved.
本ページは千翔堂ほりが管理をいたしております