茶道は楽しいをテーマに情報発信!【新古茶道具 千翔堂ほり】
お道具の処分・売却をご検討される方へ
【リユース茶道具(中古茶道具)】

ご不要になられたお茶道具は?
まずはいつでも、お手持ちのお茶道具を売却することは可能です
お急ぎにならなくてもいつでも処分はできます
以前、売却される際に「二束三文で引き取られた」などのお話をよく耳にいたしましたが、最近は中古道具の流通が盛んになってきましたので、売却につきましてもずいぶん明確になってきました。お道具の処分も業者を選ぶ事で「二束三文」で引き取られる様な事はないと思います。

お茶道具の処分方法は?
実際のお道具の処分方法には
一般的には【 買取 】【 販売委託 】があると思います。
それぞれに メリット、デメリット がありますので、まずは知ってください。
【 買取 】
業者が来訪、値踏みをし合意の元で買い取りをする方法です。
○メリット
処分する道具を(通常は)即金で買取、持ち出しますので処分を急ぎたい場合には都合が良いです。
△デメリット
来訪した業者の提示価格です。業者さんは買取後に販売をしますので原価割れない額を提示をしますでしょうから、比較的お安め場合が多いようです。できれば数社に見積りを依頼すると良いのですが、お越しいただくとこれがなかなか難しいですよね。

【 販売委託 】
業者にお道具を預けて販売先を探してもらう方法です。
売却額は(一般には)販売価格より手数料を引かれた金額となります。
○メリット
委託業者は手数料を稼ぐため、多くの販売先より、高く売れる販売先や販売方法を考えます
△デメリット
売却後にの支払いですので入金までのお時間があります。また業者の信用もあります。道具を預ける訳ですので、委託上の問題が発生するリスクがあるわけです、「業者と連絡がつかなくなった」「お金が払い込まれない」などの問題です。信用できる業者選びも課題です

弊社でのお道具売却のお手伝い
弊社にてもお道具の処分のお仕事をいたしております。
処分をご検討されるお道具がございましたら、お気軽にお尋ねください。
弊社では、主に【 販売委託 】にても売却にてご依頼を承っております。
お道具をお預かりをして業者専門の競売会へ出品し売却する事で、弊社のみが価格を決めるのではなく、複数の業者間で競り合う事でより高い価格での売却ができると考えるからです。また、他のお客様よりお道具の注文を依頼されている場合もあり、仲介もいたしております。
※お道具の状態によりお買取を提案させて頂く場合もございます

茶道具売却の現状とアドバイス
【私よりのアドバイス】
近年の売却の状況は、お道具を処分される方が多く、中古道具のバランスは需要(少)<供給(多)く売却価格は低迷しております。
お道具のご売却は、特別理由がなければお道具の処分はおすすめいたしません。
お道具の売却額は使っていても、使っていなくても、それほど変わりません、また、売却はいつでもできますので、十分に使いお楽しみになられてから、本当にご不要になられた時に処分のご検討をされる事をおすすめいたしております
諸事情があり処分をご検討の方はお気軽にお尋ねください。
まずは良い方向をご提案する事から始めたいと存じます

お道具売却などについてのお問合せ

お問合せは、お電話/メール/FAXをご利用ください
FAX用紙 印刷してご利用ください ※お手持ちの用紙、フリーハンドでも結構です

お電話・FAX共通 043−423−1147
携帯電話 090−4943−5040
メールアドレス rikyuuan007@ybb.ne.jp
送料について 送料表のページ

古物取扱 美術商 千翔堂ほり 代表・保利雄三
千葉県公安委員会許可 第441400001370号
『通信販売・カタログ販売に関してのご説明・注意事項』

新古茶道具 千翔堂ほり 【 営業時間 】 9:00〜18:00
電話受付時間です。急なご用事のときは時間外でもお承りいたしますのでお電話ください。
メールは夜に確認をいたしております。
 定休日は特に設定いたしておりませんが、お茶会や諸事情にてお休みを頂く事がございます。

【当月の外出休日予定】
〒264-0021 千葉県千葉市若葉区若松町499-6
電話・FAX共通 043-423-1147
携帯電話 090-4943-5040
▲中古茶道具総合ページ ▲このページのトップへ