茶道は楽しいをテーマに情報発信!【新古茶道具 千翔堂ほり】
生駒茶筅師久保良斎の柄杓
【茶道具総合ページ】【茶筅師・久保良斎の紹介】  【茶筅】
【 伝統工芸士 久保良斎の柄杓 】
柄杓は古来は各流派ごとに形があり、炉・風炉の違いを含めると約120種類ほどあると云われます。
現在では一般に、【炉用】、【風炉用】、 【差通し】に集約されています。
柄杓選びは、合と柄のバランスや調子、湯切れの良い品がいいですね♪
良斎作の柄杓は、柄のシャープさ、柄の接合部・月切、合の具合などおすすめです。

良斎作【 柄杓・上 】


炉柄杓
久保良斎作
全長39p程
[合]径5.8×高5p程
税込価格 4,500円

風炉柄杓
久保良斎作
全長39p程
[合]径5.5×高5p程
税込価格 4,500円

差通し柄杓
久保良斎作
全長39p程
[合]径5.5×高5p程
税込価格 5,600円
良斎作 炉/風炉柄杓【上】
伝統工芸士・久保良斎作の柄杓です。柄の持ち具合、合の大きさ、バランス、等の良い作品で、特に月形と呼ばれる(合と柄の接合)部分は柄杓の命で持ちが良いです。この技術の違いが【上】の部分ともいえます。また柄杓の柄は、炉用が太くしっかり、風炉、差通しはすらっとスマートでなど柄杓ごとの特長があります。
※[合]の寸法につきましては参考程度にご覧ください。自然の材ですので若干の違いがございます

良くあるご質問!
Q・ 炉・風炉兼用の柄杓はないですか
A・炉・風炉兼用柄杓は、無いのです
よく炉・風炉兼用柄杓のお尋ねをいただきますが、正式なものでは作られておりません。
都合品が【炉・風炉兼用柄杓】とされておる時がありますが、短冊箱の仕組用の都合品で、柄が短く、合が小さい中途半端な場合がほとんどと思います
炉・風炉兼用でお使いになられたい時は、合の小さい風炉用をおすすめいたします。
----------------------------------------------------------
【 柄杓の種類と形状の違い 】
柄杓の炉/風炉の見分け方は、柄の先(切止)です!
「みそぎぞ夏のしるしなりけれ」という言葉があります
身を削ぐのは夏柄杓のしるしですよ。とのことで、柄杓の柄・切止を見てください
・【夏】の柄杓(風炉用)は、身側を削いであり
・【冬】の柄杓(炉用)は、竹の皮側を削いであります♪
・【差通柄杓】は、皆具用で炉・風炉共に使う為、まっすぐ切落してあります
 【柄の切止めの違い】

  上  炉用柄杓

 中央 風炉用柄杓

  下  差通し柄杓
他にも合(カップ)の大きさも違います  
 【合(ごう・カップ)の違い】

  右  差通し柄杓

 中央 風炉用柄杓

  左  炉用柄杓

 【柄杓全体の形状】

 上 炉用柄杓

 中 風炉用柄杓

 下 差し通し柄杓
昔のお茶人は、釜に合わせて柄杓を作らせていたそうです!!
ちょっと贅沢なお話ですね。

その他、茶筅・柄杓についてのご質問がございましたらお尋ねください。
お道具のお問合せ/ご注文

ご注文・お問合せは、お電話/メール/FAXをご利用ください
FAX用紙 印刷してご利用ください ※お手持ちの用紙、フリーハンドでも結構です

お電話・FAX共通 043−423−1147
携帯電話 090−4943−5040
メールアドレス rikyuuan007@ybb.ne.jp
送料について 送料表のページ

新古茶道具 千翔堂ほり 【 営業時間 】 9:00〜18:00
電話受付時間です。急なご用事のときは時間外でもお承りいたしますのでお電話ください。
メールは夜、朝に確認をいたしております。
定休日は特に設定いたしておりませんが、お茶会や諸事情にてお休みを頂く事がございます。
〒264-0021 千葉県千葉市若葉区若松町499-6
電話・FAX共通 043-423-1147
携帯電話 090-4943-5040

特定商取引法に基づく表記
▲サイトのトップへ
茶道を楽しむをテーマに情報発信
▲茶道具ショップのページ
ネット特価のお道具をご覧下さい♪
▲このページのトップへ